Top >  基礎知識 >  最近の原付二種 >  需要と供給


需要と供給

スポンサードリンク

需要と供給

日本での原付二種の需要は、確実に昇り調子です。

しかし供給の方は、国内メーカーに頼りっきりではいられません。ビジネスバイクを含めても十数台というラインナップであり、選択の幅が狭いためです。

少しずつ海外メーカーのモデルが多く流れてきていたり、正式に国内販売されたりと、原付二種業界では国外製品が支えになりつつあります。アフターフォローがしっかりしているところであれば、国内のものと差異の無い保証を得られるのも魅力の一つです。

しかし国内販売されて『いた』モデルの人気は、依然として高いようです。

特にフルサイズモデルや2stスクーターなどは人気もあり、値段もそれなりの価格となっています。オークションなどでも価格がどんどん上がっていく傾向にあります。しかしそれだけの需要があっても再販や開発がされていない、というのが現状です。