Top >  基礎知識 >  原付二種とは


原付二種とは

スポンサードリンク

原付二種(小型自動二輪)と原付との差は、一見ナンバープレートのカラーとわずかに大きい車体だけのように見える原付二種。排気量の違いはもちろん免許や車としての区分も大幅に異なっています。


原付二種という区分は50cc超125cc以下の中で二つに分けられます。これによって納税額も変わってきますが微々たる差なのであまり気にする必要もないでしょう。

50cc超90cc以下のものが乙種、黄色のプレートを渡されることが多い。90超125cc以下のものが甲種、こちらはピンク色のプレートを渡されることが多い。どちらも地域ごとに配色が異なるので色のみで判断することはできませんが目安にはなるでしょう。

もっとも甲種乙種の違いは排気量、納税額とプレートの色ぐらいのもので大差は無いと考えて大丈夫です。色のついた原付プレートは原付二種の印です。