Top >  機種 >  二種の車種傾向


二種の車種傾向

スポンサードリンク

国内販売の少なさが特徴の原付二種ですが、その中にも魅力のある機種はあります。

海外製品も国内品に対するこだわりが無ければ、国産同等の品質や、それ以上のものが得られます。価格が下がる海外製品は荒が目立ちますが、まったくダメな車種というものは減少傾向にあります。

原付二種では国産よりもこちらのほうが選択の幅が広く、特定車種に関しては国内向け販売がされていないのに人気が高かったりします。MAJESTY125はその有名な例かもしれません。パーツも豊富で人気も需要もかなりのレベルに達しているため、人気が高いようです。

様々な車種が正規に流通し始めているので、ある程度のことを知っておくと損にはならないでしょう。やはり整備の必要性は高くなりがちなため、ある程度は調べながらでも自分で出来るようになっておいたほうが得策です。

どちらにしてもバイクに乗る以上ある程度の知識は必要です。初心者でもインターネットを活用すれば、自分なりにバイクを完成することが可能になりました。スタイルを縛られないところが原付二種という区分なので、自分なりにじっくり作り上げていきましょう。