Top >  機種 >  海外販売・輸入品 >  海外販売・輸入品


海外販売・輸入品

スポンサードリンク

国内向けと比較しても遜色ない車種、一味も二味も違っている車種、動作不良が目立つ車種様々です。

基本的に正規流通していない車種は、何らかの不具合の想定をしておいたほうが得策でしょう。日本とは違い海外のものは割と大雑把に作ってあり、個体差の激しさや荒の目立ちは珍しくはありません。もちろん優良なメーカーや機種もありますが、それを判別するにはいろいろな情報を集める必要があります。

自分が購入を予定している車種に関しては、きっちり調べた上よく話を聞いて購入したほうが良いでしょう。国産車でももちろんなことなのですが、海外製品は、より大きめな心配でもちょうどいいくらいです。


特に最近力をつけてきたアジアンバイクは注意が必要です。オークションなどでよく見られる、聞いたこともなく検索しても数件しか出ないようなメーカーは要注意です。明らかなコピーバイクは大抵アジアなものと言われています。

これらの大多数はメーカーは多々あるにしても、共通してカブ系横型エンジンのコピーのようなものを積んでいます。このエンジン自体は良く出来ているといえるものが多く、ほぼチューンアップエンジンのような性能を持っているものもあります。


しかし困ったことにほとんどが各部の設計、構造の甘さと荒ともに杜撰極まりないのです。購入後はすぐに点検、増し締め、取替え等必要な措置を取るのがいいでしょう。すべて解体してから組みなおしたほうがいいという方もいるように、それに越したことは無いかと思います。ねじやボルトなど基本的な部品ですら走行中に脱落したり曲がったりと珍しくもないのです。事前にしっかり確認しましょう。

アジア発のものがヨーロッパ市場向けなどと称されて販売されているものも多いです。これらのものは当たり外れも大きいですので「騙された」という結果に至らないよう、情報収集は念入りに行ないましょう。


しかし国内部品のみでコピーの性能に近いものを作ったら、コピーバイクが数台買えてしまうというコストパフォーマンスをもっているものも存在します。安価なものほど荒が目立ち、高価なものほど完成度が高いのは当然です、がこれらにはそれが非常に顕著に現れています。各個人である程度の整備、点検ができ、国産ほどのフォローをもとめないのであれば十二分に楽しめると思います。

安全に購入したい場合は正規代理店、日本法人等のあるメーカーを選択しましょう。信頼の置けるショップなら中古購入でも個人輸入のものでも大丈夫かもしれません。いずれにしても国産にはない何かを感じさせる車両が多いのが特徴的。MTにしてもATにしても選択の幅がぐぐっと広がりますので検討してみると、新しい楽しさがあるともいえます。